Db

  • ログイン
  • カートを見る
  • インフォメーション
  • Frost Glacier Down Hood
  • Frost Glacier Down Hood
  • Frost Glacier Down Hood
  • Frost Glacier Down Hood
  • Frost Glacier Down Hood
  • Frost Glacier Down Hood
  • Frost Glacier Down Hood
  • Frost Glacier Down Hood
STYLE W202201072

Frost Glacier Down Hood

0円(税込)
○在庫あり/ △残りわずか/ ×在庫なし

Detail商品詳細

600FPのダックダウンをふんだんに使用したオーバーダウンジャケット「Frost Glacier Down Hood」。スキーやアウトドアでは、停滞時や朝晩の防寒として、またキャンプやライフスタイルではリラックスウェアとして最適な一着。

 

羽織った瞬間に感じる保温力の高さはもちろんのこと、ポイントとなるのは2種類の生地を使い分けていること。フードや肩、袖にはマットなタイプの生地を使用しているのですが、これは肌に触れた際の冷たさを軽減し、快適性を高めるため。一方、メインファブリックには艶のある撥水加工素材を使用。ダウンの弱点である雨などによる濡れに起因する保温力の低下を防ぎます。

■Frost Glacier Down Hood
�53,900(税込)Size. S / M / L / XL
実は2021年は、この「Frostシリーズ」がスタートして10周年。素材にも機能にも磨きがかかっていますが、環境にも配慮した生産体制を採用しているのもポイント。環境汚染の原因となるPFC(過フッ素化合物類)を使用しない撥水性加工と、適切な生産管理を行う信頼のおける水鳥農家と直接契約を行い、サステナブルでトレーサブル(追跡可能)な高品質ダウンの提供を実現するTrack My Down??を採用しています。
・Track My Down?
・ダックダウン(600FP)
・PFC FREE 撥水加工
・サイズ感調整可能なフード
・襟元内側はフリース素材
・ジッパー付きハンドポケット×2
・ジッパー付き左腕ポケット
・裾にドローコード
・袖にベルクロ
・重量:778g

スタッフレビュー

Frost Glacier Down Hood
Frost Glacier Down Hood
  • PeakPerformance
  • NEWS
  • 商品情報
2022/1/7

600FPのダックダウンをふんだんに使用したオーバーダウンジャケット「Frost Glacier Down Hood」。スキーやアウトドアでは、停滞時や朝晩の防寒として、またキャンプやライフスタイルではリラックスウェアとして最適な一着。

 

羽織った瞬間に感じる保温力の高さはもちろんのこと、ポイントとなるのは2種類の生地を使い分けていること。フードや肩、袖にはマットなタイプの生地を使用しているのですが、これは肌に触れた際の冷たさを軽減し、快適性を高めるため。一方、メインファブリックには艶のある撥水加工素材を使用。ダウンの弱点である雨などによる濡れに起因する保温力の低下を防ぎます。

Frost Glacier Down Hood
■Frost Glacier Down Hood
�53,900(税込)Size. S / M / L / XL
実は2021年は、この「Frostシリーズ」がスタートして10周年。素材にも機能にも磨きがかかっていますが、環境にも配慮した生産体制を採用しているのもポイント。環境汚染の原因となるPFC(過フッ素化合物類)を使用しない撥水性加工と、適切な生産管理を行う信頼のおける水鳥農家と直接契約を行い、サステナブルでトレーサブル(追跡可能)な高品質ダウンの提供を実現するTrack My Down??を採用しています。
・Track My Down?
・ダックダウン(600FP)
・PFC FREE 撥水加工
・サイズ感調整可能なフード
・襟元内側はフリース素材
・ジッパー付きハンドポケット×2
・ジッパー付き左腕ポケット
・裾にドローコード
・袖にベルクロ
・重量:778g
Frost Glacier Down Hood
携行時、不使用時は付属のスタッフバッグに収納可能。オーバーダウンでありながらも上質なダウンと厳選した生地を採用することでコンパクトになります。
Frost Glacier Down Hood
Model: 兼平曜輔(REDWOOD INN オーナー)>>?■PeakPerformanceオフィシャルサイトにてインタビュー記事を掲載中。
Photo&Text:Kousuke Kobayashi
PAGE
TOP